ラクトレ1級・2級建築士 法規ブログ講座

1級.2級建築士受験用法規の解説ブログです。通常の教材には書かれていない合格するための㊙テクニックを中心に投稿いたします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

換気のバラバラ事件

換気ってわかりにくいですね!
その原因は、教科書の記述が、バラバラに書かれているのが原因です。



ところでいきなり過去問です!
(2級建築士の過去問です。)…難問です

【問題】
法規過去問(2級の換気)難問 


なかなか難問です。いわゆる融合問題です。換気に関する規制をすべて理解していないと解けない問題です。

ということで、従来の教科書の項目別で学ぶと、手も足も出ない感じです。


【解答】

IMG_NEW.jpg 



上記の解答の説明は、以下の説明を読んでください!


--------私の主張---------------------------------------------------------------------
 →建築物全部の換気にかかわるすべての規制を載せるべきだと思います。

 過去問題では、シックハウス対策の24時間換気、便所の換気や従来通りの居室の換気(法28条関係)を1つの問題の中に出題さてます。‥ということなので、建築物の換気にかかわる規制をすべて一緒に説明しないとまずいと思います。
 
    ↓
私流では、下記の3つの区分に分けるべきだと思います。

1、居室の換気
(法28条2項)
  ⇒原則:居室と定義されるのもはすべて対象で、換気方法は、床面積の1/20の開口部
   例外措置:床面積の1/20の開口部が確保できない場合は、

2、換気設備が必要なもの
  a(法28条3項)に規定されているもの

   ①特殊建築物の別表1の(い)欄一項(いわゆる劇場グループ)の居室の換気設備
   →自然換気を除く、換気設備が必要。

   ②火気使用室の換気設備
   →火気使用室は換気設備が必要。但し、一定の基準を満たせば、不要 (令20条の3)
  
 b)
いわゆるシックハウス対策(令20条の8)
  ①シックハウス対策の換気設備
   →居室 には、24時間換気が義務づけられている。(一定の基準を満たせば、除外規定あり)



3、便所の換気
(令28条)

  便所には、直接外気に接する窓が必要。但し、水洗便所では、これに代わる設備があればOK




   
≪学習のポイント≫

換気に関しては、なかなか的確に説明された教材がないので、整理しにくいのですが、まず、換気に関する全体像を把握しないと、理解できません! 


【換気にかかわる法規の一覧】‥5種類の規制があります




 換気が必要な部屋




換気が必要な部屋
換気の手段  に分けて整理しましょう!

まず、換気が必要な部屋は、以下の5タイプの部屋です。

①便所→窓、水洗便所は、窓に代わる手段を設ける。

②『居室』です。‥居室と定義される部屋はすべて対象です。
→換気手段は、床面積の1/20以上の有効開口部(いわゆる窓)です。
この有効開口を確保できない場合に、換気設備(設けなければなりません
。(‥ここまでが法28条2項の話し)

次の換気の規定は、以下の2つの条件の部屋(居室は忘れて)場合は、床面積の1/20以上の有効開口部があろうが、無かろうが必ず換気設備を設けねければならない部屋の規定です。

③特殊建築物の別表1の(い)欄一項(いわゆる劇場グループ)の居室
→自然換気を除く、換気設備が必要なもの

④火気使用室の換気設備
 →火気使用室は換気設備が必要、但し、一定の基準を満たせば、不要
           (‥ここまでが法28条3項の話し)


⑤シックハウス対策の換気設備
 →居室には、24時間換気が義務づけられている。


という、グルーピングになります。理解できましたが???

この本のように、居室というグルーピングが頭にあると、話が見えなくなります。



逆に、換気方法で分類すれば


①外気に接する窓があればいいタイプ→便所

②床面積の1/20の開口部(不足の場合のみ換気設備を設ける)タイプ→居室

③自然換気を除く、換気設備が必ず必要なタイプ→特殊建築物のいわゆる劇場グループの居室 
 
④換気設備が必ず必要なタイプ →火気使用室全部
(、一定の基準を満たせば、不要 )

⑤24時間換気設備が必ず必要なタイプ →居室


の5タイプに分類されます!

換気が必要な部屋というのは、人が長時間いる部屋(居室)やたくさんの人が大勢いる部屋(劇場の居室)、火を使う部屋(台所・暖房器具がある部屋)です。 また、最近は、居室には、シックハウス対策で24時間換気が義務づけられました。


スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。