ラクトレ1級・2級建築士 法規ブログ講座

1級.2級建築士受験用法規の解説ブログです。通常の教材には書かれていない合格するための㊙テクニックを中心に投稿いたします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別表1は欠陥商品だ!!の巻

 法27条に、特殊建築物で規模によって、『耐火建築物』又は、『準耐火建築物』にしなければならないという規制が有ります。
これも試験によく出題されます。
その場合、一般的に、『別表1』を見て判断しなさいと教えられます。

ところが、その『別表1』 が欠陥商品なのです。

…なななんと!!!  欠陥商品???

一般の書籍に載っている一覧は、表第の事項に関し、漏れなく
一覧表に載ってますよね!!

ところが、基準法の『別表1』には、2つの例外が漏れてます。

それを知らない受験生は、毎年この欠陥商品のために不合格??
になっているのです。多分??
‥‥欠陥を見抜けない方が悪いのか、それとも‥‥そのまま放置している方が悪いのか??


という話は、おいといて‥‥

受験生は、欠陥商品に対して対策を打つ必要があります。

その対策をお教えいたしましょう!!

⇒話しは、簡単、自分で別表1に、漏れているっ事項を 追記すればいいのです!!

漏れている内容は

①法27条のただし書き
 ⇒3階建て共同住宅は、防火・準防火地区以外では、一定の基準を満たせば、『準耐火建築物』できるという例外条項です。

②法27条1項三号
⇒劇場・映画館で、主階が1階にない(つまり、観客席が1階にないこと)ものは、『耐火建築物』にしなければならないという条文です。



参考に、追加した別表1を載せておきます。

尚、法令集に書き込むことができる内容は、条文番号ページ数のみです。ご注意願います。
万が一、試験会場で消しなさいと指摘があった場合のために、鉛筆で書いてください!!



IMG.jpg


スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。