ラクトレ1級・2級建築士 法規ブログ講座

1級.2級建築士受験用法規の解説ブログです。通常の教材には書かれていない合格するための㊙テクニックを中心に投稿いたします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

確認申請(法6条)

確認申請の条文の解説です!
この条文も、長ったらしくて何を言っているのか途中でわからなくなります。
森の中に入り込んで、迷子になる典型的な条文です。

********まずは、原文を載せておきます!*************-

(建築物の建築等に関する申請及び確認)
第6条 建築主は、第一号から第三号までに掲げる建築物を建築しようとする場合(増築しようとする場合においては、建築物が増築後において第一号から第三号までに掲げる規模のものとなる場合を含む。)

、これらの建築物の大規模の修繕若しくは大規模の模様替をしようとする場合

又は第四号に掲げる建築物を建築しようとする場合においては、

当該工事に着手する前に、その計画が建築基準関係規定(この法律並びにこれに基づく命令及び条例の規定(以下「建築基準法令の規定」という。)その他建築物の敷地、構造又は建築設備に関する法律並びにこれに基づく命令及び条例の規定で政令で定めるものをいう。以下同じ。)に適合するものであることについて、確認の申請書を提出して建築主事の確認を受け、確認済証の交付を受けなければならない。

当該確認を受けた建築物の計画の変更(国土交通省令で定める軽微な変更を除く。)をして、第一号から第三号までに掲げる建築物を建築しようとする場合(増築しようとする場合においては、建築物が増築後において第一号から第三号までに掲げる規模のものとなる場合を含む。)

、これらの建築物の大規模の修繕若しくは大規模の模様替をしようとする場合

又は第四号に掲げる建築物を建築しようとする場合も、同様とする。

 別表第一(い)欄に掲げる用途に供する特殊建築物で、その用途に供する部分の床面積の合計が百平方メートルを超えるもの

 木造の建築物で三以上の階数を有し、又は延べ面積が五百平方メートル、高さが十三メートル若しくは軒の高さが九メートルを超えるもの

 木造以外の建築物で二以上の階数を有し、又は延べ面積が二百平方メートルを超えるもの

 前三号に掲げる建築物を除くほか、都市計画区域若しくは準都市計画区域(いずれも都道府県知事が都道府県都市計画審議会の意見を聴いて指定する区域を除く。)若しくは景観法 (平成十六年法律第百十号)第七十四条第一項 の準景観地区(市町村長が指定する区域を除く。)内又は都道府県知事が関係市町村の意見を聴いてその区域の全部若しくは一部について指定する区域内における建築物

 前項の規定は、防火地域及び準防火地域外において建築物を増築し、改築し、又は移転しようとする場合で、その増築、改築又は移転に係る部分の床面積の合計が十平方メートル以内であるときについては、適用しない。

   中略
 建築主事は、第一項の申請書を受理した場合においては、同項第一号から第三号までに係るものにあつてはその受理した日から三十五日以内に、同項第四号に係るものにあつてはその受理した日から七日以内に、申請に係る建築物の計画が建築基準関係規定に適合するかどうかを審査し、審査の結果に基づいて建築基準関係規定に適合することを確認したときは、当該申請者に確認済証を交付しなければならない。

-----富山の金ちゃんの解説---------------------------

第6条 建築主は、第一号から第三号までに掲げる建築物を建築しようとする場合←建築とは、新築・増築・改築・移転の行為を含んでいることに注意。
(増築しようとする場合においては、建築物が増築後において第一号から第三号までに掲げる規模のものとなる場合を含む.)←カッコ書き内は、上記建築という言葉の中に、増築も含んでいますが、1㎡の増築でであっても
一号~三号に掲げる規模になる場合にも、確認申請を出せということを明確にしています。)


これらの建築物の大規模の修繕若しくは大規模の模様替をしようとする場合
←ここで問題になるのは、『これらの建築物』という表現は、どこを指しているかというと、
  、第一号から第三号までに掲げる建築物を指しているのです。


又は第四号に掲げる建築物建築しようとする場合においては、
 ←第四号(都市計画区域内等の地域の場合)は、建築(新築・改築・増築・移転)の場合にだけ、確認申請を出せといってます。大規模修繕と大規模模様替えは対象外なのです。ここに注意してください。

ここまでの話をわかりやすく書くと以下のような建物が確認申請の対象です。


①第一号から第三号までに掲げる建築物を建築しようとする場合
(第一号から第三号までに掲げる建築物の規模になる増築も含む)

②第一号から第三号までに掲げる建築物の大規模の修繕若しくは大規模の模様替をしようとする場合

③第四号(都市計画区域内等)の建築物を建築しようとする場合


当該工事に着手する前に、その計画が建築基準関係規定(に適合するものであることについて、
確認の申請書を提出して建築主事の確認を受け、確認済証の交付を受けなければならない。

←ここで、上記対象建築物を公示する場合は、工事着工する前に、確認申請を出せと言っている。

以下は、建築確認を受けた後、計画を変更する場合も確認申請を出せと言いている。

当該確認を受けた建築物の計画の変更をして、第一号から第三号までに掲げる建築物を建築しようとする場合
   (増築しようとする場合においては、建築物が増築後において
    第一号から第三号までに掲げる規模のものとなる場合を含む。)、

これらの建築物の大規模の修繕若しくは大規模の模様替をしようとする場合

又は第四号に掲げる建築物を建築しようとする場合も、同様とする。

----------ここまでが、法6条1項の本文です。------------------------------------

次に 1項一号~三号には、対象となる建物を規定してあります。

一号  別表第一(い)欄に掲げる用途に供する特殊建築物、←別表1の(い)欄ということは、特殊建築物全部です。
      その用途に供する部分の床面積の合計が100㎡を超えるもの
         ←特殊建築物で100㎡を超えるもの は確認申請対象だといっている。

二号 木造の建築物3以上の階数を有し、又は延べ面積が500㎡高さが13m若しくは軒の高さが9m   
     を超えるもの 
 
     
 ←木造で
      ①3階建て以上
       ②延べ床500㎡を超えるもの
      ③高さが13m若しくは(or)軒高9mを超えるのも
      ①~③の条件を1つでも引っ掛かると確認申請が必要です。

三号 木造以外の建築物2以上の階数を有し、又は延べ面積が200㎡を超えるもの
    ←木造以外の建物(非木造)具体的には、鉄骨造、RC造等のことです。
      

次に 四号には、確認申請が必要な地域を規定してます。

前三号に掲げる建築物を除くほか
←前三号とは何か? 法6条の一号~三号のことです。
                 
  
  何故、前三号の建築物は、除かれるのか?
‥‥前三号で確認申請を出せと規定しているので、四号の地域規定でも対象とすると
  二重に規定するのを防ぐためだと思われる。
  また、6条の4項では、前三号の審査期間は35日
  4号の建物は、7日以内となっているので、明確に分けたと思われる。

→『前三号に掲げる建築物を除くほか』 という表現は、都市計画区域内では、
 前三号の対象建物は、核におン申請を出さなくていいように誤解してしまう表現です。

都市計画区域若しくは準都市計画区域若しくは景観法第七十四条第一項 の準景観地区
又は都道府県知事が関係市町村の意見を聴いて
その区域の全部若しくは一部について指定する区域内における建築物
→このように、基準法では、 『指定する区域内における建築物』 という風に、
  主語だけで終わっているので、どうすればいいのか、迷いますが、
  動詞は、実は、1項のあるのです。

1項の四号の動詞をくっつけると、以下のような文章になります。

 
都市計画区域若しくは準都市計画区域若しくは景観法第七十四条第一項 の準景観地区内 又は都道府県知事が関係市町村の意見を聴いて
その区域の全部若しくは一部について指定する区域内における建築物

 建築しようとする場合においては、
 当該工事に着手する前に、その計画が建築基準関係規定(に適合するものであることについて、
確認の申請書を提出して建築主事の確認を受け、確認済証の交付を受けなければならない

‥‥建築基準法には、このような文章のバラバラ事件があちこちにおきてます。
   同じ条文内はまだいい方ですが、内装制限のように、基準法と施行令にわかれている場合があります。


2 項 前項の規定は、防火地域及び準防火地域において建築物を増築し改築し、又は移転しようとする場合で、その増築、改築又は移転に係る部分の床面積の合計が10㎡以内であるときについては、適用しない。

→まず、前項とはどこか?→1項のことです。
 また、2項の規定は、新築が含まれていないことに注意してください。‥建築という表現ではなく、
 増築し改築し、又は移転となってます。


 この条文は、何をを言いたいのかというと、都市計画区域内の新築は全部出せ!
 防火・準防火地域以外の場所では、10㎡以下の 増築、改築、移転は確認申請不要ですといっています。

 本当にこの6条の条文はわかりにくいですね!!
------------------------------------------------------------
皆さーん わかりましたか?
ここまで書きましたが、疲れました!

読む方も疲れますが、書く方はもっと疲れます!

条文を読むテクニックは

①カッコ書きを除いて文章の意味をを把握する

②前項とか前三号とか の意味する条文をキッチリ特定する。

③名詞のみで終わっている 号は、上の本文の動詞をくつけて理解する。

 『対象物の規定なのか』  『除く場合の規定なのか』

④用語の定義を意識する。
  (例)建築→新築、増築、改築、移転の4つの行為があることを意識する。

そろそろ、夜が明けますのでこの辺にしておきます!



スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。