ラクトレ1級・2級建築士 法規ブログ講座

1級.2級建築士受験用法規の解説ブログです。通常の教材には書かれていない合格するための㊙テクニックを中心に投稿いたします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小学校の職員室には、採光のための開口部が要らない!(法28条)

久々に投稿します! どうも2年ぶりのようです。

突然ですが1級建築士の法規の過去問です。

------【問題】--------------------

小学校における職員室には、採光のための窓その他の開口部を設けなくてもよい


               
      
       
    正解は、です。
---------------------------------------------
一瞬 何故って思いませんか? 私も含めて、結構、思い込みがあります。

その思い込みは
       ↓
 居室には、必ず採光のための開口部が必要だ!!←これが思い込みです!
       ↓
  職員室は、居室だ⇒継続的に職務を行うところ
       ↓
  故に、職員室には、採光のための開口部が必要だと!


結論です!『居室のすべてが、採光のための開口部を設けなくてもいいのです!』



法28条1項に規定されてます。
法28条1項に規定されている、『採光が必要な居室』は

①居住のための居室⇒住宅の居室のこと

②学校の教室 (教室のみが該当し、職員室は、対象外なのです。)

③病院の病室

④令19条2項に規定されている居室(具体的には下記の通り)
 ・保育所の保育室
 ・児童福祉施設等の寝室
 ・児童福祉施設等の日常生活に必要なもの・病院・児童福祉施設等の談話室等


上記の用途の居室のみが、、『採光が必要な居室』なのです!

住宅の居室には、すべて採光が設けなければならないので、その発想で、その他の用途の建物の居室も、住宅と同様だとの、思い込みが生まれたのでしょう!!


先生は、採光がない穴倉でもOKなのです!



-----------条文です-------------------------------
法第二十八条  

住宅、学校、病院、診療所、寄宿舎、下宿その他これらに類する建築物で政令で定めるものの

居室居住のための居室、 学校の教室、 病院の病室その他これらに類するものとして政令で定めるものに限る。)には、

採光のための窓その他の開口部を設け、その採光に有効な部分の面積は、その居室の床面積に対して、住宅にあつては七分の一以上、その他の建築物にあつては五分の一から十分の一までの間において政令で定める割合以上としなければならない。ただし、地階若しくは地下工作物内に設ける居室その他これらに類する居室又は温湿度調整を必要とする作業を行う作業室その他用途上やむを得ない居室については、この限りでない。



令第十九条  

法第二十八条第一項法第八十七条第三項 において準用する場合を含む。以下この条及び次条において同じ。)の政令で定める建築物は、児童福祉施設、助産所、身体障害者社会参加支援施設(補装具製作施設及び視聴覚障害者情報提供施設を除く。)、保護施設(医療保護施設を除く。)、婦人保護施設、老人福祉施設、有料老人ホーム、母子保健施設、障害者支援施設、地域活動支援センター、福祉ホーム又は障害福祉サービス事業(生活介護、自立訓練、就労移行支援又は就労継続支援を行う事業に限る。)の用に供する施設(以下「児童福祉施設等」という。)とする。
 法第二十八条第一項 の政令で定める居室は、次に掲げるものとする。
 保育所の保育室
 診療所の病室
 児童福祉施設等の寝室(入所する者の使用するものに限る。)
 児童福祉施設等(保育所を除く。)の居室のうちこれらに入所し、又は通う者に対する保育、訓練、日常生    
        活に必要な便宜の供与その他これらに類する目的のために使用されるもの
 病院、診療所及び児童福祉施設等の居室のうち入院患者又は入所する者の談話、娯楽その他これらに類                            する目的のために使用されるもの









スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rakutore2houki.blog.fc2.com/tb.php/27-0941ea34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。