ラクトレ1級・2級建築士 法規ブログ講座

1級.2級建築士受験用法規の解説ブログです。通常の教材には書かれていない合格するための㊙テクニックを中心に投稿いたします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高さ制限の条文のいやらしさ!!‥

多分大多数の方々が、感じられていると思いますが、『高さ制限』の条文 
法56条は、ホントいやらしい条文(受験生いじめ)だと思いませんか??

はじめて法56条の条文を見た方は、どこに 道路斜線制限の条文があるのだろうか?
また、隣地斜線制限の条文は? 北側斜線制限はどこ??
と思われたと思います。
何故、条文の場所が解からないのか??
それは、条文の見出しがないからです!
法56条の見出しは【建築物の各部分の高さ】となってます。
法56条に、建築物の高さ制限を全部、押しこんでしまってあるのです。
まとまっているから、ある意味良いのですが¨‥‥でも !!
受験生の立場から言えば、
道路斜線制限・隣地斜線制限・北側斜線制限毎に、条文を独立させ
『見出し』をつけてもらえればわかり易いのですが??

同じ現象は、『防火区画(令112条)』でも同様ですが

まー、『高さ制限』の条文は
『二重否定の条文‥内装制限』
(法35条の2⇒令128条の4)
『換気設備の除外条文』(法28条3項⇒令20条の3
よりはまだ、ましな方かもしれません!


どの斜線制限かを判断するには、 特徴的な、キーワードで判断してください!

道路斜線制限⇒前面道路の
隣地斜線制限⇒隣地境界線の
北側斜線制限⇒
真北方向の


---実際の条文です--------------------------
【建築物の各部分の高さ】
第56条
建築物の各部分の高さは,次に掲げるもの以下としなければならない。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
《1項一号》
別表第3*􀀀欄及び􀀀欄に掲げる地域,地区又は区域及び容積率の限度の区分
に応じ,前面道路の反対側の境界線からの水平距離が同表欄に掲げる距離以下
の範囲内においては,当該部分から前面道路の反対側の境界線までの水平距離  道路斜線制限の条文です!
に,同表欄に掲げる数値乗じて得たもの

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
《1項二号》

当該部分から隣地境界線までの水平距離に,次に掲げる区分に従い,イ若しく
はニに定める数値が1.25とされている建築物で高さが20m を超える部分を有す
るもの又はイからニまでに定める数値が2.5とされている建築物(ロ及びハに掲
げる建築物で,特定行政庁が都道府県都市計画審議会の議を経て指定する区域内
にあるものを除く。以下この号及び第7項第二号において同じ。)で高さが31m
を超える部分を有するものにあっては,それぞれその部分から隣地境界線までの
水平距離のうち最小のものに相当する距離を加えたものに
イからニまでに定め  隣地斜線制限の条文です!

る数値を乗じて得たものに
,イ又はニに定める数値が1.25とされている建築物に
あっては
20m を,イからニまでに定める数値が2.5とされている建築物にあって
31m 加えたもの

イ;第一種中高層住居専用地域若しくは第二種中高層住居専用地域内の建築物又
第一種住居地域,第二種住居地域若しくは準住居地域内の建築物(ハに掲げ
る建築物を除く。)
1.25
(第52条第1項第二号の規定により容積率の限度が30/10以下とさ
れている第一種中高層住居専用地域及び第二種中高層住居専用地域以外の
地域のうち,特定行政庁が都道府県都市計画審議会の議を経て指定する区
域内の建築物にあっては,2.5)

ロ;近隣商業地域若しくは準工業地域内の建築物(ハに掲げる建築物を除く。)
又は商業地域,工業地域若しくは工業専用地域内の建築物
2.5

ハ高層住居誘導地区内の建築物であって,その住宅の用途に供する部分の床面
積の合計がその延べ面積の2/3以上であるもの
2.5
ニ用途地域の指定のない区域内の建築物
1.25又は2.5のうち,特定行政庁が土地利用の状況等を考慮し当該区域
を区分して都道府県都市計画審議会の議を経て定めるもの

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
《1項三号》
第一種低層住居専用地域若しくは第二種低層住居専用地域内
又は第一種中高層住居専用地域若しくは第二種中高層住居専用地域
 内においては,当該部分から
前面道路の反対側の境界線又は
隣地境界線までの真北方向の水平距離に               北側斜線制限の条文です!

1.25
乗じて得たものに,
第一種低層住居専用地域又は
第二種低層住居専用地域内の建築物にあっては5m

,第一種中高層住居専用地域又は
第二種中高層住居専用地域内の建築物にあっては10m を加えたもの
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
《2項》
前面道路の境界線から後退した建築物に対する前項第一号の規定の適用について
は,同号中「前面道路の反対側の境界線」とあるのは,「前面道路の反対側の境界
線から当該建築物の後退距離
(当該建築物(地盤面下の部分その他政令で定める部                   道路斜線制限の
                                         セットバック条文です!

分を除く。)から前面道路の境界線までの水平距離のうち最小のものをいう。)に相
当する距離だけ外側の線」とする。


------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
《3項》
第一種中高層住居専用地域,第二種中高層住居専用地域,第一種住居地域,第二
種住居地域又は準住居地域内における前面道路の幅員が12m 以上である建築物に 道路斜線制限で広い道路                
                                             がある場合の緩和規定の
                                             条文です!

対する別表第3*の規定の適用については,同表欄中「1.25」とあるのは,「1.25
(前面道路の反対側の境界線からの水平距離が前面道路の幅員に1.25を乗じて得た
もの以上の区域内においては,1.5)」とする。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
《4項》 
前項に規定する建築物で前面道路の境界線から後退したものに対する同項の規定
の適用については,同項中「前面道路の反対側の境界線」とあるのは「前面道路の
反対側の境界線から当該建築物の後退距離(当該建築物(地盤面下の部分その他政
令で定める部分を除く。)から前面道路の境界線までの水平距離のうち最小のもの
をいう。以下この表において同じ。)に相当する距離だけ外側の線」と,「前面道路
の幅員に」とあるのは「,前面道路の幅員に,当該建築物の後退距離に2を乗じて
得たものを加えたものに」とすることができる。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
《5項》
建築物が第1項第二号及び第三号の地域,地区又は区域の2以上にわたる場合に
おいては,これらの規定中「建築物」とあるのは,「建築物の部分」とする。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
《6項》
6 建築物の敷地が2以上の道路に接し,又は公園,広場,川若しくは海その他これ
らに類するものに接する場合,建築物の敷地とこれに接する道路若しくは隣地との         各斜線制限の                
                                           の緩和規定の
                                           基本条文です

高低の差が著しい場合その他特別の事情がある場合における前各項の規定の適用の
緩和に関する措置は,政令で定める。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
《7項》
7次の各号のいずれかに掲げる規定によりその高さが制限された場合にそれぞれ当
該各号に定める位置において確保される採光,通風等と同程度以上の採光,通風等天空率の条文です!
が当該位置において確保されるものとして政令で定める基準に適合する建築物につ
いては,それぞれ当該各号に掲げる規定は,適用しない。


第1項第一号,第2項から第4項まで及び前項(同号の規定の適用の緩和に係
る部分に限る。)
前面道路の反対側の境界線上の政令で定める位置
◆政令[法第56条第7項第一号の政令で定める位置]令第135条の9→p301

第1項第二号,第5項及び前項(同号の規定の適用の緩和に係る部分に限る。)
隣地境界線からの水平距離が,第1項第二号イ又はニに定める数値が1.25
とされている建築物にあっては16m,第1項第二号イからニまでに定める数
値が2.5とされている建築物にあっては12.4m だけ外側の線上の政令で定め
る位置
◆政令[法第56条第7項第二号の政令で定める位置]令第135条の10→p301

第1項第三号,第5項及び前項(同号の規定の適用の緩和に係る部分に限る。)
隣地境界線から真北方向への水平距離が,第一種低層住居専用地域又は第
二種低層住居専用地域内の建築物にあっては4m,第一種中高層住居専用地
域又は第二種中高層住居専用地域内の建築物にあっては8m だけ外側の線
上の政令で定める位置
◆政令[法第56条第7項第三号の政令で定める位置]令第135条
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rakutore2houki.blog.fc2.com/tb.php/45-59c7bd04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。